天理教の葬儀から法要まで
天理教の葬儀に関する用語の説明
天理教葬儀の常識とマナー
一般的な葬儀参列者の常識とマナー
その他の宗教・宗派の葬儀
スポンサードリンク
サブメニュー
お勧めリンク
■葬儀のタブー
葬儀に伺う時にいろいろなマナーがありますが、そのマナーに反することが タブーと言っても良いでしょう。 例えば、突然の通夜に呼ばれたとは言え、サンダル履きで行ってしまったとか、 お香典に「4」や「9」の付く金額を入れてしまう、などがあります。 また、神式の葬儀の場合、礼拝時の拍手は忍び手と言って音を立てずにするのが マナーで、気を付けた方が良いです。 お悔やみの言葉などでは、キリスト教の場合などは「ご愁傷様でした」や「残念でした」 などというお悔やみの言葉はタブーとされてますので、注意しましょう。 服装なども、夏の暑い時期だった場合でも、女性はノースリーブや透けるような素材 などで肌が露出してしまうものはタブーとされています。
Copyrightc 2008 tenri-sougi.com