天理教の葬儀から法要まで
天理教の葬儀に関する用語の説明
天理教葬儀の常識とマナー
一般的な葬儀参列者の常識とマナー
その他の宗教・宗派の葬儀
スポンサードリンク
サブメニュー
お勧めリンク
■浄土真宗
浄土真宗は、親鸞が開いた浄土宗の分派ですから、南無阿弥陀仏を唱えることで、誰でも 極楽浄土へ行くことが出来ると言う教えです。 浄土真宗の葬儀の特徴としては、「戒名」というのがなく、「法名」になるそうです。 亡くなる前後に「枕経」をあげるのは、浄土宗と良く似ています。 また、亡くなった方への供養や引導といった儀式を行わないのも特徴かと思います。 清めの塩なども使わないそうです。 浄土真宗の葬儀に参列する際、注意したい点があります。 それは、普通のお悔やみの言葉などで使いそうな言い回しが出来ないことがあると 言うことです。 例をいくつか示します。 @御霊前 浄土真宗では、ご仏前・ご尊前というそうです。 A冥福を祈ります 浄土真宗では、哀悼の意を表します、となります。 B安らかにお眠り下さい 私たちをお導き下さい、と言うそうです。 この他にも言葉に関しては気を付けた方がよいことが多いので、 事前に調べておくのが良いかと思います。 浄土宗の教えでは、亡くなった方は仏の弟子となり、阿弥陀仏の本願により極楽浄土に往生する ということになってそうです。 仏の弟子となる儀式は授戒会と呼ばれ、一般に枕経の際に行われるようですが、 地方によっては省略される場合もあるそうです。 枕経は本来、亡くなりつつある方の枕元でお経を上げることでしたが、近年では 亡くなってからお坊様が読経してもらうことが多いそうです。 浄土宗の葬儀の流れはだいたい以下のようになっているそうです。 @喪主・ご遺族の入場 A僧侶の入堂 B僧侶による読経 C僧侶念願 D僧侶念誦 E僧侶による焼香 F弔辞拝受・弔電拝読 G喪主・ご遺族による焼香 H会葬者による焼香 I再び僧侶による読経 J僧侶の退堂 K閉会の辞
Copyrightc 2008 tenri-sougi.com