天理教の葬儀から法要まで
天理教の葬儀に関する用語の説明
天理教葬儀の常識とマナー
一般的な葬儀参列者の常識とマナー
その他の宗教・宗派の葬儀
スポンサードリンク
サブメニュー
お勧めリンク
■天理教の葬儀の意味
天理教におけて、人が死ぬことによって行われる葬儀の意味とは、人の身体と言うのは 本来神様からお借りしていたものだから古い身体をお返しして、そして 人が持っている魂は、神様に一時期的に預かってもらい、新しい身体が見つかって 世に出直すまで、神様の懐に抱いてもらうという意味があるそうです。 天理教では、仏式で言うところの通夜は「みたまうつし」と言われているようですが、 これは即ち、神様からお借りしていた古い身体から魂(みたま)を移す、という意味が あり大変重要な儀式のひとつと言うことだそうです。 従って、親しい方が亡くなった場合は、告別式よりも「みたまうつし」に参列した方が 良いと思います。
Copyrightc 2008 tenri-sougi.com